本文へ移動

2011年

『御まもり』

RSS(別ウィンドウで開きます) 

貼り絵

2011-12-19
 今年も10日余りとなってしまいました。デイサービスでは機能訓練として10月中旬から貼り絵制作(来年の干支)に取り組んできました。下絵はデイサービス職員が、たまたま食事したお店で目にした、大仙市大曲在住、小野崎晶さん作の龍の絵です。デイ職員がご本人、ご家族に交渉し、快く使用を承諾して頂きました。デイ利用者のみなさん延べ600人が取組んだ超大作です。今日、原作者の小野崎さんが施設にきてくださり、最後の仕上げで龍に眼を貼り完成しました。眼が貼られ完成した龍は彩りも鮮やかでとても素晴らしい作品となりました。「来年はきっと良いことがある」と晶さんのお母さんからお言葉をいただきました。小野崎さんは、絵を描きだすと時間に関係なく、下書きもなく描き続けるとのこと。とにかく実物は直接見ないと良さがわかりません。ぜひ見にきてください。小野崎さん、ご協力ありがとうございました。

おやき

2011-12-07
 12月8日は病焼きの日です。土地の言葉では「やめやぎ」といい焼きもちを食べて無病息災を願い、病払いをする日です。真森苑でも1日早いのですが今日「やめやぎ」をしました。ホールに集まり利用者のみなさんがあんこを包み込み、ほどよい大きさの物もあれば薄くて大きい物もあり…ホットプレートで焼きあがるのが待ちきれず、手を出そうとするTさん、それを見て「やげなる!」と注意を促すKさん、いつもと違う表情を見せる利用者さんがたくさんいました。手際よく濡れたさらしでタネを伸ばし、ちょうど良い大きさに作っている短期入所の方もいてとても助かりました。皆さん出来立てのお焼きをおいしくいただいたようです。これで真森苑の利用者の皆さんは、風邪をひかずに過ごすことができると思います。

寿司の日

2011-11-16
 今日の昼は厨房の業者富士産業さんのご協力で、握り寿司が提供されました。毎年行っているので、この日をとても楽しみに待っている方もいます。朝から富士産業の方が、ホールに寿司と書いたのれんを飾りつけし、昼は握りずしの実演をみながらの食事でした。自分の前に配膳されるとしばらく手をつけず眺めているTさん(見るより食べるほうが忙しい人が多いのですが…)いつも小食のIさんがお代わりしたり、自分の好みの握りずしを追加しているMさん、それぞれいつもと違う雰囲気を感じながらの昼食となり喜んで頂けた様子です。ホームだけではなく、デイサービスの利用者さん、延寿庵の方々にも好評でした。

立冬

2011-11-08
 今日は二十四節気の一つで、暦の上では冬の始まりです。合わせたかのように今朝は全国的に気温が低くなったようです。12月までは過ごしやすい冬との予報ですが…
 
 今年も佐々木忠雄さんが丹精込めて育てた菊の花を持って来てくださり、利用者、来苑者の目を楽しませてくれています。佐々木さんは、横手市の菊まつりにも出品されているとのことです。デイサービスセンター玄関に飾ってありますので、ご来苑の際はぜひご鑑賞ください。
 
 10/28(金)真森苑全職員を対象に感染症予防研修会を開催しました。感染症発生の報道が目につくようになりましたが、施設では常に感染症を持ち込まないよう細心の注意を払っています。今回は施設で発生した場合の対処方法について、看護師の指導により研修を行いました。ご来苑の際は、手洗い、うがい、マスク着用のご協力をお願いします。 

秋の避難訓練

2011-10-25
 10月19日(水)避難訓練を行いました。当日は久しぶりの秋晴れで、消防署東分署、地元消防団員、地域住民の方々のご協力をいただき、全員がけがすることなく無事に避難することができました。夕食後火災発生という想定で訓練を行いましたが、現実その時間帯勤務職員は7〜8人、宿直員1人で対応することになります。夜間は夜勤者3人、宿直員1人です。今回の訓練での反省をもとに職員、利用者の防災意識を高め、今後も計画的に避難訓練を行っていきますので、地域の皆様のご協力とご参加をお願いします。

※避難訓練終了後、介護職員、厨房職員が消火器を使用し消火訓練を行いました。

大仙美郷介護福祉組合の公式サイト。秋田県の大仙市と美郷町を拠点とする運営施設(真昼荘、真木苑、真森苑)の最新情報や地方公共団体としての基本情報をご案内します。

0
7
7
2
6
4
2
TOPへ戻る